2017年10月19日 (木)

国立駿河療養所知事視察

291019tiji1 291019tiji2 291019tiji3 今日(10/19・木)、川勝静岡県知事が、御殿場市神山の国立駿河療養所を視察しました。これは、私の昨年9月県議会一般質問での約束を果たされた、ということになりますが、冷たい雨の中、療養所の納骨堂で献花をした後、療養所の医療施設内を視察し、働いている職員を労い、入院されている二人の方の病室を訪問されました。その後、会議室で、入所されている小鹿自治会長さんや静岡県人会の皆様、療養所スタッフとの意見交換を行いました。県人会の皆様や病院スタッフから、療養所が縮小され、将来無くなることへの不安や、医療、介護、看護体制の充実に係る要望などがあり、知事から、国立の医療、看護、介護施設で、設備内容も充実しており、県との連携を図り、医療体制を補完、継続して支援していく、ハンセン病に対する社会の偏見を無くす、ロケーションも良いので、将来の活用方法は多くあり、一緒に考えていく、などの話がありました。

| | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

行政書士議連誕生

291012gyouseisyosi 行政書士制度推進静岡県議会議員連盟の設立総会が、9/28(木)に県庁で開催され、県議会会派「ふじのくに県民クラブ」や「公明党静岡県議団」などに所属する県議28名をメンバーに設立しました。私は、本議連の幹事長となりました。10/12(木)には、役員が伊藤経営管理部長に面会し(写真)、設立の報告をしました。県議が力を併せて、県民の行政手続きに係る利便性向上や県民福祉の向上などを図ります。

| | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

御殿場線利便性向上要望書提出

29828gotenbasen 御殿場線利活用推進協議会の静岡県知事に対するJR御殿場線の利便性向上に係る要望書の提出が、8/28(月)に行われ、同行しました。要望書を受け取ったのは、県の交通政策を所管する交通基盤部長で、部長室において、意見交換も行われました。県東部地区の活性化を図るためには、関東圏との連携を強める必要があるため、主要公共交通機関である御殿場線の利便性向上について、複線化促進連盟、輸送力増強促進連盟と、団体の名称を変え、40年位前から要望活動を行っていますが、遅々として進みません。JR東日本あるいは、小田急電鉄への移管など抜本的な対応が必要、と申し上げました。

| | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

静岡県議会総務委員会県内視察研修

静岡県議会の総務委員会県内視察研修が、8/2(水)、3(木)に実施されました。2982rujieda 第1日目は、まず、藤枝市役所で、JR藤枝駅を中心とした中心市街地活性化基本計画の取り組み状況と次期計画について話を聞きました。人、物、金を中心市街地に集め、コンパクトな街づくりを進めている藤枝市のまちづくりの方向性がわかりました。2982sizuoka 次に、「ガイアフロー静岡蒸溜所に行きました。本年2月に竣工した本蒸溜所は、県の第5次内陸フロンティア推進区域の指定を受け、地元産「静岡」ウイスキーの生産を始めましたが、敷地は、蛇行していた流れていた河川を、直線状に付け替える治水整備により生まれた「砂防ランド」を利用しています。本蒸溜所を中心とした地域興し事業が始まっています。2982fuji 次に、やはり県の内陸のフロンティア推進区域に指定されている富士市田子の浦港の賑わい創出と防災対策事業を視察しました。歴史学習施設「ディアナ号」の建設と防潮堤・遊歩道を利用した津波対策が進んでいました。2983oyama 次の日は、やはり県の内陸のフロンティア推進区域に指定されて事業を進めている小山町の「小山湯船原工業団地」やアメーラトマトを生産している次世代施設園芸施設などを視察し、2983nagaizumi 次に、長泉町の静岡県医療健康産業研究開発センター(ファルマバレーセンター)に行き、入居企業の状況や産、学、官、金の連携による製品化の状況、指定管理の現状などを視察しました。2983kannami 最後に、内陸のフロンティア推進区域の指定を受け、PFI手法により事業を進めている函南町の「道の駅・川の駅」を視察しました。道の駅については、総合特区により観光農業体験や農産物物流施設建設等について、農用地を利用して事業化を進めるなど積極的な土地利用が図られていました。また、川の駅は、水防や護岸等施設整備も合わせて、国交省が主体となって事業化されます。

| | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

陸上自衛隊富士学校開設記念行事

2979fujigakkou1 2979fujigakkkou2 2979fujigakkou3 小山町須走の陸上自衛隊富士学校開設63周年記念式典が、今日(7/9・日)行われました。良い天気に恵まれたおかげで、戦車やヘリコプターが巻き上げる土埃もすごかったでしたが、勇壮な観閲行進や富士学校音楽隊の素晴らしい演奏、そして、隊員の皆様の機敏な対応に感激しました。なお、訓練展示では、女性隊員のヘリコプターからの降下訓練などもありました。

| | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

県知事選挙街頭演説

29618numadu2 29618numadu1 昨日(6/18・日)午後6時から、沼津駅前で、静岡県知事候補 川勝平太氏の街頭演説が行われました。時折雨が降る、という天候でしたが、多くの皆様が参集し、川勝節を聞いていました。

| | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

県知事選挙

2968tijisen1 2968tijisen2 2968tijisen3 今月25日(日曜日)投票日の静岡県知事選挙が、今日(6/8・水)、告示されました。静岡市の青葉公園では、現職川勝平太氏の出陣式が、9時30分から雨の中行われ、14時からは、沼津駅南口で、東部地区出陣式が行われました(写真右)。8年間の実績を県民に理解していただき、次の4年間で、世界に誇る「ふじのくに」づくりの総仕上げをして欲しいと思います。

| | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

御殿場線利活用推進協議会出席

29525gotenbasen 御殿場線利活用推進協議会の29年度総会が、今日(5/25・木)、神奈川県山北町の生涯学習センターで開催され、来賓として出席しました。会議では、新宿発の「あさぎり号」の沼津への再延伸(実は、最初に「あさぎり号」御殿場止まりを沼津まで延伸する際の条件は、沼津市が利用客を確保する、というものであり、沼津からの利用客が極端に少なくなったため、また御殿場止まりに変更した訳で、今更このような話が当事者から出るとは思いませんでしたが。)や規約の目的に照らした会の適正な運営、事業計画、予算に計上されている沿線活性化事業の的確な執行等の意見が多く出ていました。本会が、陳情団体になっており、沿線活性化、利便性向上に係る実務的な事業に取り組まれていない、というものであり、以前から、御殿場線沿線地域の活性化に係る御殿場線利便性向上への対応について、神奈川県側と静岡県側の考え方に大きな温度差がある、と思っていましたので、帰り際に、山北町長と議長に、会長は、静岡県側、神奈川県側で、2年交替位で就任すべきではないか、と話しました。

| | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

発達障害者支援議連総会と研修会

29429misima1 29429misima2 静岡県東部地区の県議や市町議員等で構成する「発達障害者の支援を考える」議員連盟(私が副会長)の総会と研修会が、4/29(土)に、三島市生涯学習センターで開催されました。研修会は、まず、県障害福祉課の土屋課長から、県における発達障害児者支援に対する取組内容について説明があり(写真左)、その後、フジ虎ノ門整形外科病院の横田医師から、「小児難病・発達障害支援センターへの期待」という演題で講演がありました(写真右)。横田医師は、一般患者と小児患者に対する医療体制の違いや、ご出身の横浜の状況と県東部地区との相違、子ども達を取り巻く医療、教育、福祉の現状、小児難病であるリウマチ、膠原病の説明、発達障害の要因と治療などの話があり、最後に、県東部地区に、難病・発達障害者支援センターは必須であり、そこを中心に、東部地区各市町間のネットワーク形成及び医療と福祉、教育の三位一体のネットワーク形成を図ることが必要である、と話されました。

| | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

JR御殿場線の利便性向上に係る議員連盟設立

29428yamakita1_2 29428yamakita2_2 「国府津~御殿場間で、交通系ICカードの利用を促進する議員連盟」設立総会が、4/28(金)に、山北町生涯学習センターで開催されました。連盟に加入した議員は、神奈川県の小田原市、南足柄市など7市町、静岡県は、小山町の市町議員総勢62名で、残念ながら、御殿場市議会議員の名前はありませんでした。来賓挨拶で、国が策定した新観光ビジョンで、2020年のインバウンドを、現状の倍4,000万人に増加し、併せて、訪日外国人の旅行消費額を8兆円とする目標を掲げて経済振興を図ることとしており、また、御殿場市と関東圏を結び、通勤、通学者の利便性向上や、増加する外国人等鉄道利用者の用に供する交通施策の重要性が叫ばれている現在、公共交通の要である鉄道利用に係る課題に対応する本議員連盟設立の意義は、大変大きいと申し上げましたが、市民のため、また、沿線地域活性化のために、中心となって活動すべき御殿場市議会の姿勢に疑問を感じます。(写真左は、連盟役員の皆様、右は、基調講演を行った元国交省審議官大口氏)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧