2016年11月26日 (土)

スポーツ振興等特別委員会

281125suposin 静岡県議会スポーツ振興等特別委員会が、11/25(木)に開催されました。このスポーツ振興等特別委委員会は、2020オリンピック・パラリンピックや2019ラグビーワールドカップへの取組の推進と、かつて「スポーツ王国」、「サッカー王国」と呼ばれていた本県スポーツの復活、振興を図るため設置された委員会で、今回は、日本サッカー協会会長の田嶋幸三氏等3人が意見陳述を行いました。田嶋氏は、サッカーエリート育成組織である「アカデミー」の提案者で、当初は、御殿場市に拠点を計画され、私も一緒に活動していましたが、「福島」に変更となった経緯があります。障害者スポーツ振興の必要性や競技場の多目的化(ショッピングモールや老人施設等併設)などの話しを交え、本県が王国として復活するためには、「選手は、県や日本のトップではなく、世界を目指すこと、そして、指導者もその意識で指導すること」と、まとめられました。大変参考になるご意見を伺いました。

| | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

スポーツ振興等特別委員会視察

2898nasu_2 2898yuuyuu_2 2898totyou_2 2899ragubi_2 2899raporu_2 静岡県議会スポーツ振興等特別委員会の県外視察研修が、9月7日(水)~9日(金)まで行われました。まず、栃木県の那須町に行き、「那須ブラーゼン」を視察しましたが、ここは、自転車サイクルロードレースや自転車を活用した観光活性化事業、自転車交通安全推進活動等を(株)が実施していました。プロ選手8人を擁し、地域一丸となった自転車振興を図っており、市役所に自転車部が誕生するなど底辺拡大が実現していました。次に、宇都宮市の総合型地域スポーツクラブ「友遊いずみクラブ」を視察しました。このクラブは、理念を「健康」とし、会員数は1,000名を超え、子ども達から高齢者まで、バドミントンやバレー、フットサルなど34の種目を楽しめるプログラムで運営していました。小中学校と地域をこのクラブが有機的に結んでおり、また、近接のショッピングセンターの駐車場も共用できるなど、近隣企業の協力も得て、理想的な運営ができている、と思いました。次に、東京都庁のオリンピック・パラリンピック準備局で、2020年の準備状況やスポーツ振興施策などを聴きました。「アスリートキャリアサポート事業」では、現役アスリートの就活サポートを実施し、また、「スポーツ推進企業」事業では、週1回の健康づくりをスポーツと捉え、様々なアイデアで実施する企業について、企業名の公表や認定証の交付、マスメディアへの情報提供などを行い、スポーツ実施率の向上を図っていました。次に、秩父宮ラグビー場にある「ラグビーワールドカップ2019組織委員会」を訪問し、2019ラグビーワールドカップの準備状況や公認キャンプ地の決定状況、ラグビーを通じた観光振興などの話しを伺いました。最後に、横浜市の障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」を訪問し、障害を持つ方々のスポーツ振興について、話しを伺い、また、施設を見学しました。体育館や室内グラウンド、屋内プール、ボウリング場、アーチェリー場、スポーツジムなどが、障害者が楽しめる設備で整備されており、今回のリオパラリンピック出場選手も利用する、という話しがありましたが、本県にも欲しい素晴らしい施設である、と感心しました。(写真は、視察先順)

| | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

県議会決算委員会報告

27121kessantoku2 27121kessantoku1 12/1(火)の県議会本会議開会前に、私が副委員長をやっている平成26年度決算特別委員会(継続審査となっていた)各分科会の審査意見をまとめ、県議会正副議長に提出、説明しました。

| | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

ハンセン病療養施設訪問

271125fukuseibyouin 静岡県議会厚生委員会において、毎年ハンセン病療養施設訪問を実施していますが、今日(11/25・水)、県議会厚生委員会正副委員長と一緒に、関係者600人余が眠る神山共同墓地で献花をした後、神山復生病院を訪問し、院長や事務員、入所者されている皆様等と歓談しました。また、病院内の施設や復生記念館などの見学もさせていただきました。午後は、国立駿河療養所訪問でしたが、私は、残念ながら、他の行事に出席のため、国立駿河療養所訪問には参加できませんでした。

| | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

厚生委員会視察研修

厚生委員会視察概要(1019日(月)~21日(水))

1 富山県厚生企画課(10/19

  富山県では、現在の施設整備対応型から変換し、小規模1020人)、多機能(高齢者、身体障害者、知的障児(者)の利用(自立支援給付費=公費負担9割=の給付)、通所サービス(生活介護)、宿泊サービス(短期入所)、児童発達支援、放課後デイサービス等)で、地域密着(ケアネットチーム=保健師や看護師、老人クラブ、ホームヘルパー、民生委員等を市町社協の運営により編成=でフォロー)の富山型デイサービスを推進している。

271020toyama 2 日医工()富山第一工場(10/19)

  日医工は、ジェネリック医薬品全国最大手のメーカーで、ジェネリック医薬品について、全国シェア2017年度60%2017年度70%という国の指示を受け、生産を続けている。

3 デイケアハウス「にぎやか」(10/20

  富山型デイサービス事業所として、平成16年に開所した。利用者によるピアサポート事業(当事者による自助活動)として、有料の見学ガイド(チームむら)が、施設の担当者と一緒に説明をしてくれた(コーヒー付き1000円)。

  ハウスには、高齢者や障害者、子ども達が大勢訪れており、ボランティアも加わって、本当に賑やかな雰囲気であった。ハウスの中の食堂では食事を提供し、また、機織りをして製品を販売しており、音楽や旅行なども頻繁に行われている、ということで、認知症を含め様々な方々のニーズ対応した施設であると思われた。

4 ()ニッセン 福井ロジスティクスセンター(10/20

  障害者の雇用について、法定雇用率が2.0%、静岡県が1.80%であるのに対し、本工場では、平成27年に3.21%を達成している。

  全従業員約1000名の内、現在の障害者雇用数は40名で、知的30名、精神6名、身体4名の内訳であった。賃金は、福井県の最低賃金732/hが補償され、最高は、一般雇用者と同じ1000/hである。

  本工場では、障害者雇用に対する理解と対応が進んでおり、素晴らしい、と感じたが、また、一方では、やはり、周囲の皆様の障害を持つ従業員に対する理解と協力がなければ雇用の促進は難しい、ということも感じた。

5 福井メディカルシミュレーションセンター(10/21

271021fukui   福井県の医師確保対策の一つとして、平成263月に開設された。本センターは、建築費270000千円、設備費130000千円の計4億円で建設されたが、中には、医師や学生が実際の手術をシミュレートできるよう手術器具が設置され、また、病気を持った精密な人形が数体置かれており、それぞれ医師や学生の実技訓練に対応できるようになっていた。特に、幼児の手術が難しいということで、幼児の人形も置かれていた。

実際の手術の前に、このシミュレーターを使って訓練してから手術を行う医師もいる、ということであったが、このようなセンターが日本全国に普及できれば、手術や検査に係る医療事故が減少するのではないか、と感じた。

| | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

県議会厚生委員会質問

27106kousei2_1 27106kousei2_2 10月6日(火)の静岡県議会厚生委員会で質問しました。質問項目は、認知症への対応や認可外保育の課題、社会保障に係るマイナンバー制度など健康、福祉、医療に係る12項目でした。

| | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

人口減少対策特別委員会視察研修

2699kamiyama 26910kamikatu 私が委員長を務めている県議会「人口減少対策特別委員会」の視察研修が、9月8日(月)から10日(水)までの間でありました。静岡県は、昨年の総務省の調査で、転出超過が7,000人弱で全国ワースト2位、合計特殊出生率も1.53と全国平均1.43を上回ったものの、目標値2.0には及ばない状況で、社会減、自然減が進んでいますが、今回は、先駆的な取組で社会増を実現した兵庫県淡路市の「のじまスコーラ」の遊休農地や廃校施設を活用した半芸半農による移住・定住促進、徳島県神山町のIT関連企業等を商店街の廃店などに配置したサテライトオフィス設置、徳島県上勝町の高齢者による「つまもの(葉っぱ)」生産とICT活用による健康増進と雇用の場の創出等5カ所を視察研修しました。皆素晴らしいアイデアで移住・定住促進や雇用の場創出を実現し、大変参考になりましたが、言えることは、様々なアイデアを生み出し、行動、実現する有能な人材の存在が重要、ということでした。

| | トラックバック (1)

2014年1月10日 (金)

県警視閲式

26110kenkeisietu1 26110kenkeisietu2 平成26年度静岡県警察年頭視閲式が、今日(1/10・金)、静岡市の駿府城公園で開催されました。御殿場は昨晩雪が降り、今朝は大変冷え込んで、日の当たらない道路は、雪が凍っており危ないような状況でしたが、静岡は、風もなくて大変暖かく、同じ県内でも大分気候が違うな、と思いながら見ていました。まず、部隊入場行進は、県警音楽隊のカラーガードの先導で始まり(写真左)、順次各部隊が行進しましたが、皆様規律正しく、整然と行進し、見学者は勇気をもらったと思います。なお、富士山でも活躍している山岳救助隊も行進しました(写真右)。

| | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

県議会視察研修

25920sirayuriyou 25920misimakoukou 今日(9/20・金)、県議会私学振興議連のメンバーとして、三島市のしらゆり幼稚園(写真左)と長泉町にある三島高校(写真右)を視察研修しました。しらゆり幼稚園は、幼稚園としては珍しく、立派なプールや体育館、グラウンド等を有しており、人気が高い幼稚園、ということでしたが、子供たちの絶対的な人口が減少している中、定員割れしており経営は大変、とのことでした。三島高校は、今年が丁度創立80周年ということで、次年度には、校名を「知徳高校」に変更するそうです。普通科には、大学進学コース、スポーツ健康コース、観光文化コースがあり、その他、情報ビジネス科、福祉科、生活デザイン科もあります。特に、福祉科は、近辺にはない学科であり、卒業生は周辺施設で活躍している、とのことでした。

| | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

常任委員会視察研修

25626keisatugakkou1 25626keisatugakkou2 6/26(水)に、県議会文教警察委員会の県内施設視察研修に参加しました。まず、浜松市の「メンタルクリニック・ダダ」に行き、大嶋院長から、発達障害を持つ子供たちのケア、学校や社会との対応についての取組などの話しを聞きました。なお、この「ダダ」には、子供が自由にのびのび育って欲しい、また、自由な発想で物事に取り組んで欲しい、という考えが込められている、とのことでした。次に、県立浜松工業高校に行き、国のスーパーサイエンスハイスクールの指定を受けての対応について話しを聞きました。当高校では、これにより、昨年、理数工学科を設立し、生徒の理工科大学への進学を目指している、とのことであった。なお、校長先生は、御殿場高校の校長をやっていた西岡先生で、御殿場時代の懐かしい話しもできました。最後に、藤枝市の県警察学校に行き、新校舎や初任者訓練の様子を見ました(写真)が、生徒は、警察官らしいきびきびとした行動で研修を受けており、大変頼もしく感じました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧