« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

日曜日の行事

21830yakyuumaturi 21830soukaen 21830minyoutaikai 8月30日(日)は、衆議院議員選挙の他、いくつかの行事がありました。まず、8時から市営東グラウンドで、野球祭りが開催され、学童から中学生の野球選手が交流試合を行った他、サインボールの展示などがあり、賑わいました(写真左)。10時からは、東富士演習場で、陸上自衛隊の総合火力演習があり、大変多くの観客が見守る中、ジェット戦闘機の疑似爆撃で訓練が開始され(写真中)、戦車等による実弾演習が展開されました。午後1時からは、小山町金太郎ホールで民踊大会が開催されました(写真右)。挨拶で言いましたが、コスチュームが素敵で、女性らしい華やかなステージでした。また、この他、御殿場市陸上競技場で、女子サッカーのLリーグが開催され、時之栖グラウンドでは、御殿場南と日大三島のサッカー現役戦とOB戦、懇親会もあり、大変充実した1日となりました。

| | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

スポーツ大会

Ts3g0123 Ts3g0125 今日(8/23・日)、市内で3つのスポーツ大会がありました。まず、パレット御殿場で、御殿場地区の体育祭が(写真左・地区体育功労者表彰)、次に、御殿場市陸上競技場で、身体障害者スポーツ大会が(写真右・元気に選手宣誓)、更に、高根ふれあい広場で、高根地区体育祭が行われ、好天の中、選手は、出場した種目に精一杯取り組み、汗を流していました。

| | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

文化少年団体験教室

21819bunnkasyounen2 21819bunnkasyounenn1 21819bunnkasyounenn3 今日(8/19・水)、第8回文化少年団体験教室が、御殿場市民会館小ホールで開催されました。文化協会傘下の各団体が、茶道や華道、和裁等18種目の体験学習教室を一同に行いましたが、参加した子ども達は、それぞれの種目を大変熱心に、また、真剣に学習していました。スポーツ少年団の活動は盛んですが、文化少年団の活動は、まだまだです。このような体験を通して、多くの子ども達の文化・芸術活動が活性化し、感性豊かに成長してくれることを期待します。なお、私も、抹茶を2杯ごちそうになりました。

| | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

須走夏祭り

2188subasirimaturi1 2188subasirimaturi2 須走夏祭りが、8日(土)に開催されました。昼の部は、須走本通りで陸上自衛隊富士学校音楽隊などによるパレードがあり、夜の部は、小学校体育館で、須走幼稚園児の太鼓(写真左)演奏の後、開会式がありました。小学校グラウンドでは、焼きそばやオモチャ、ビール販売、盆踊りなどがあり、大勢の皆様(特に、家族連れが多かった。)で賑わっていました(写真右)。小山町副町長や富士学校総務課長と話しをしましたが、この須走地区には、富士学校勤務の隊員官舎があり、小山町で一番子どもの数が多い所で、総務課長も東京出身で、富士学校は3度目の勤務となるが、子どもは、須走幼稚園卒園、とのことでした。

| | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

8/1少年野球、駅伝開会式

2181youheihaiyakyuu 2181tozanemiden 8/1(土)午前9時から、第5回スーパージュニア耀平杯学童野球大会開会式が、御殿場市、小山町の8チームと県東部地区12チームの計20チームが参加して、高根ふれあい広場で開催されました。入場行進では、子ども達が大きな声で「1,2」とかけ声を掛けながら、元気よく入場し、選手代表として、御殿場シャークスの選手が力強く選手宣誓をして(写真左)、試合が始まりました。また、その後10時からは、御殿場市体育館で、第34回富士登山駅伝競走大会の開会式が行われました。こちらは、一般の部86チーム、自衛隊の部30チームの116チームが参加ですが、昨年よりも10チーム増加した、とのことでした。選手宣誓は、昨年度総合優勝の「滝ヶ原自衛隊」の代表者が行いました(写真右)。つい最近、富士山の落石で死亡した方があり、このような事故にあわないよう十分気を付けながら、精一杯頑張って欲しいと思います。

| | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

外国語活動夏期研修

Ts3g0121 新学習指導要領に規定される、小学校における英語学習に対する夏期研修会が、7/30(木)に、朝日小学校で行われ、見学しました。私が教室に入った時には、湯山校長先生以下全教員が、行きたい国や好きな食べ物などテーマを設定して、自由に、相互に英語で会話を行っており、小学生に対しても、同じように授業を行うことになると思います。先生方は、相手を探して積極的に、一見楽しそうに会話していましたが、英語に関し知識のある先生方の場合と、あまり英単語を知らない子供たち同士が試みる場合とは、そもそもベースが違うわけで、果たして、すぐに実践できるか疑問を感じました。いずれにしても、先生方は頑張っている、と思います。授業の準備や整理、生徒指導、更に、保護者対応等々夜遅くまで教室で仕事をしている先生が大勢います。更に、休みになれば数々の研修をこなしています。忙しすぎて、子供と向き合う時間が不足している、と言われる先生方に、今回、更に、同じような研修を行う教員免許更新制度が加わる訳ですが、前回の県議会文教警察委員会における私の質疑で、遠藤教育長は、この免許更新制度を「天下の悪法」と答えていました。文科省の姿勢、考え方に疑問が沸きます。

| | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »