« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

市スポーツ祭開幕

20928supotusai1 20928supotusai2 20928supotusai3 第37回御殿場市スポーツ祭開会式が、今日(28日・日)、御殿場市陸上競技場で行われました。スキー競技が行われる来年2月まで、熱い戦いが展開されます。サッカー協会等(写真左)参加32団体が入場行進をしましたが、今日は、急に寒くなり、半袖で入場した選手はかなりつらそうでした。挨拶、祝辞等の後、ボクシング協会の早田選手が、選手代表として元気よく宣誓をしてくれました(写真中)。また、最後に、8月20日に新潟県で開催された全国中学校大会の3000mと1500mで見事優勝した富士岡中学校の勝亦選手が、特別表彰を受けました(写真右)。特に、3000mは大会新記録で、文部科学大臣表彰も受けた、ということで、数年後のオリンピック出場も期待されます。このまま順調に育って欲しいと思います。

| | トラックバック (0)

中学校文化祭

20927gotyuuyamanami1 20927gotyuuyamanami2 御殿場中学校やまなみ祭と南中学校けやき祭文化の部・発表部門が、27日(土)に各校体育館で開催されました。次の行事があったため、両校とも1時間足らずしか見ることができませんでしたが、御中では、オープニングセレモニーに続き、吹奏楽部の演奏があり(写真左)、その後、先日富士市で行われた「わたしの主張」県大会で、唯一男性で優秀賞を取った外山君が「失い、そして気づいたもの」という、県大会と同じ題で発表し(写真右)、その後、各学年の合唱コンクールなどがありました。南中では、選択理科や選択社会、選択英語などの発表で、生徒が寸劇などを披露し、会場内から大きな声援を受けていました。残念ながら、南中は会場が暗く、写真がうまく撮れなかったので、写真掲載ができません。

| | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

日中人事交流援護会20周年

20922nittyuujinnjikouryu1 20922nittyuujinnjikouryuu2 (財)日中人事交流援護会の20周年記念式典が、22日(月)に、御殿場高原ホテルで開催されました。日中人事交流援護会は、県立御殿場高校、静岡市立高校の教員、生徒の中国派遣援助や中国からの医療研修生のフジ虎ノ門病院での受入など医療関係者や教育関係者に対しての援助を続けてきました。この日は、日本側では、御殿場高校の川尻さんが平成18年に派遣された時に中国で温かい歓迎を受けたことや、現在もメール交換を続け、交流をしていることなどを話し(写真左)、中国側からは、華東師範大学の学長や宜興市の副局長が、多くの中国人が日本に研修に来て歓迎を受け、財団の援助に感謝していることなどを話されました。式典の後は、アグネスチャンさんの講演(写真右)があり、自分の生い立ち、家族のこと、香港から日本に来た当時のこと、子どもやご主人等現在のことなどを話され、自らのボランティア活動で世界中を回ったことや、世界には、食べることも出来なく餓死する子ども達がたくさんおり、ユニセフ活動に協力をして欲しい、と、時折歌も交えながら話されました。実は、式典が1時間以上も延び、ずっと待っていたので、普通であれば講演の最初にいやみの一つも言いたい所であると思いますが、講演中、講演開始時間の遅れについて一言も言わず、楽しく話しを進めていました。終了後のレセプションにも参加して歌を歌ってくれ、司会の関谷さんが、「芸能人で、こんな方は初めて」と言っていましたが、本当に心優しい、他人思いの方であると思いました。

| | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

中学校体育祭

20921gotyuuyamanami 20921minamityuuyamanamisai 御殿場中学校「やまなみ祭」と南中学校「けやき祭」体育の部が、各中学校グラウンドで今日(21日(日))開催されました。実は、当初予定の実施日は前日であり、台風一過で、雨も上がり、また、朝花火もあがっていたので、すっかり実施するものと決め込み、会場に行きましたが、両校ともグラウンドに人影がなく、寂しく家に帰ってきました。幸い今日は、曇り空の下(時々雨が降りましたが)、御中は雨天用プログラムで、また、南中は通常のプログラムで開催されました。御中の開会式では、聖火リレーで、各大会で県大会に行き、活躍した選手が聖火ランナーを務めました(写真)。南中2年生の各組対抗「みんなでジャンプ」では、緑組が大変ゆっくりと縄を回し、3分間×3回中、1回しか引っかからずに、ダントツトップでした。縄を回すときに、地面を滑らせるように、バウンドしないようにゆっくりと回し、また、全員がリズムを取ってジャンプしており、来賓の間で、「考えたね」といいう声があがっていました。全体として、中学生、そして、先生方が頑張っている姿を見ることができ、嬉しく思いました。

| | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

県警柔道剣道大会

20919kenkeijuukendoutaikai1 20919kenkeijukendoutaikai2 20919kenkeijuukendoutaikai3 19日(金)に、草薙体育館において、県警の柔道剣道大会が開催されました。柔道、剣道とも、各警察署及び各課、警察学校等の所属員数により、A.B.C組に分けて対抗戦を行いましたが、柔道のA組は、静岡中央警察署が、剣道のA組は、警察学校が優勝しました。この他、若手警察官及び女性警察官の個人戦も行われ、熱戦が展開されました。残念ながら、B組に所属する御殿場警察署は、団体戦では両種目とも3位以内に入ることができませんでした。しかしながら、剣道の女性警察官の部で、清水さんが見事3位となり、県警本部長から表彰を受けました(写真右)。警察官は、常に体力の維持・向上を図る必要があります。県民の安心、安全推進のためこれからも鍛錬に励んで欲しいと思います。

| | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

敬老会

20915nimaibasikeiroukai1 Img_2737 今日(9/15・月)、二枚橋区、栢之木区及び小山町敬老会に出席しました。二枚橋と栢之木では、祝辞の後、トランペット演奏をしました。曲目は、四季の歌や瀬戸の花嫁など日本の歌ばかり6曲でしたが、特に、二枚橋区の会場である御殿場地域振興センターのホールは、音響が大変良く、気持ちよく吹かせていただき、お昼の弁当の時間でしたが、会場の皆様の中には、一緒に歌っていただいた人もあり、じっくりと聴いていただけたようです。御殿場市では、印野、高根地区が全地区一緒の敬老会で、他地区は各区毎にやっていますが、小山町では、毎年、全地区一緒に金太郎ホールで行われ、式典終了後には、ステージイベントがあります。今年は、「東京ボーイズ」の歌謡漫談や「あした順子・ひろし」の漫才などがあり、楽しませていただきました。

| | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

足柄峠笛まつり

20915asigarafuematuri1 20915asigarafuematuri2 第37回足柄峠笛まつりが、今日(9月14日・日)、足柄峠で開催されました。南足柄市と小山町が交互に主催しており、今回は南足柄市が当番、ということでした。新羅三郎の笛塚で行われた式典では、笙の奉納演奏が行われ(写真左)、新羅三郎の末裔にあたる3人の方(一人は、前御殿場市議会議員の本崎さん)が玉串奉奠を行いました。特設ステージでは、福餅まきの後(私もまきました。)まず、足柄ばやしが演奏され(写真右)、その後、小山町と南足柄市の方々が、交互に太鼓や詩吟、民踊などを披露しました。この聖天さんは、小・中学校のころの遠足で度々来、両親とも何回か来た思い出深い場所で、眼前に大きな富士山、そして、御殿場市街が見渡せ、見晴らしが良く、私が大好きな場所の一つです。

| | トラックバック (0)

運動会

20914fugakuunndoukai 20914minamisyouunndoukai 9月13日(土)に、第39回富岳保育園・富岳学園合同運動会が、富岳保育園園庭で開催されました。緑組さんの太鼓に合わせて元気よく入場行進が始まり、聖火リレーや選手宣誓、富岳体操の後、徒競走から競技が始まりました。富岳保育園の0歳児や富岳学園に通う障害児も元気一杯頑張っていました。山内理事長と話しましたが、富岳学園の子どもたちは、多くが将来御殿場特別支援学校に通うことになり、卒業後は、普通の社会生活に入ります。就職が出来るような軽度の子どもはまだ良いですが、重度の障害を持った子供は、就職はおろか、外に出ることもままならなくなってしまいます。これらの子どもたちにも優しい、社会基盤整備が必要です。次に、御殿場南小学校の運動会に行きました。写真右は、応援合戦ですが、先週行った印野小学校と違い、大勢の子どもたちと保護者でごった返していました。

| | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

青少年問題特別委員会視察研修

2099hatioujitakaogakuen 20911komatusimakodomonoie 9月9日(火)から11日(木)まで、県議会青少年問題対策特別委員会の視察研修に参加しました。まず、八王子市にある「市立高尾山学園」に行きましたが、ここは、平成15年の構造改革特区認定を受け、翌16年に開校した不登校の小中学校生が通う学校(不登校の子供が通う学校=矛盾しているが)で、現在の在校生は、小学生14人、中学生73人で、基本的には八王子市在住の子供たちだけが通っています。教職員等は、校長以下教員が11人、カウンセラー4人、児童館職員2人、その他講師や指導補助員等17人がいます。当時の市長が、不登校は行政の重要課題と位置づけて開校した、ということでした。中学校の卒業生は高校へも進学し、進学率は他校と変わらず、有名4年生大学に入った子供もいる、という話しもありました。市全体では600人前後の不登校児がおり、随時の対応が必要なため、年4回の募集を行っているとのことで、当日も見学会に数名の子供が来ていました。出席率は65%程度、卒業後1年間の追跡調査では、約70%の高校定着率ということでした。少人数学級できめ細かい指導と、料理やバドミントンなど部活のような講座を組み合わせ、子供達の主体的な取り組みをうまく引き出し、登校意欲を高めている、と感じました。(写真左は、プレイルームで卓球やおしゃべり、遊びをしている子供たち)。次に、「いわてこどもの森」に行きました。ここは、前松沢知事の指示により開設した県立の児童館で、説明してくれた吉成館長は、知事の願いにより館長を引き受けられ、前職は、民間会社の経営コンサルタントだった、ということです。この会館のコンセプトは、「子供達の心と体の解放」で、とかく箱物を作れば良い、という行政側の発想を全く否定し(行政が最初に作ったポスターも、館長が破棄、新たに作り直した、とのこと。)、私たちが昔やった遊び、アナログの遊びの場を館内にうまく作り、体験させていました。職員不足のため、派遣会社から5-10人程度を雇用し、また、警備員やレストランの職員もいますが、全て一般職員と同じ対応を子供たちにするよう研修し、目線を同じくしている、とのことでした。初年度の入館者数は年間275千人で、以後、平均16万人前後の入館者・リピーターがあるようです。県内130の児童館の拠点として、また、子育て支援、子供虐待やDV等被害防止のセーフティネットの拠点として今後、相談窓口機能の充実を図っていく、とのことでした。吉成館長の考えを見事に反映させ、子どもたちの目線で運営されている素晴らしい児童館でした。次に、岩手県庁で、「児童虐待防止アクションプラン」について説明を受けました。このプランは、2008から2010年までの3カ年間の計画で、行政や学校だけでなく、地域の力も加え、児童虐待のない社会構築に向けた取り組みについて、計画されています。特に、誰にも解りやすいポスターを作成し、通報体制のPRや学校の先生方の研修、啓発に力を入れています。次に、「小松島こどもの家」に行きました。ここは、社会福祉法人「仙台キリスト教育児院」が経営しており、乳児院、児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、特別養護老人ホーム、保育園等を約1万坪の敷地に配置し、0歳から100歳までが一緒に生活しています。中には、12歳や15歳の母親もいたそうで驚きました。基本的には、少人数で生活する「小舎」制の形態で、院長の海外での経験を生かし、経営されています(写真右)。最後に、宮城県議会において、宮城県警察本部の、「スクールサポーター制度」について説明を受けました。小中学校、高校生の犯罪被害防止、非行防止対策を推進するため設置され、警察職員OB4名により運営されています。何か問題が発生すると、学校長から市町村教育委員会、管轄の警察署を経由し、警察本部少年課に派遣要請があり、基本的には、最長で1ヶ月間、朝9時から6時間学校にサポーターが派遣され、教員とともに対応します。現在の所、学校の要望19校に対し、9校しか対応されていない、とのことでしたが、この制度ができたことにより、小中学生、高校生が自主的に参画する「アルカス」という犯罪被害防止のためのボランティアグループが誕生し、積極的に活動しています。更に、これら組織の誕生が地域も巻き込み、「親父の会」も発足した、とのことで、地域の教育力復元に向け、良い傾向が現れてきている、と感じました。

| | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

スポーツの秋

2097gotenbatiboru 2097fujiokataiikusai 2097harasatotaiikkusai 2097tamahotaiikusai 2097innotaiikusai 今日(9/7・日)、スポーツの秋到来を告げる体育祭等が各地区で開催されました。御殿場地区は、体育祭が8/24の予定でしたが、雨のため中止となったため、パレット御殿場で、ティーボール大会が行われました(写真1)。富士岡地区は、富士岡中学校で区民体育祭が開催され、競技の途中、すみれ保育園の園児達のマーチングバンドがかわいい演奏を披露してくれました(写真2)。原里地区は、区民体育祭が友愛パークで開催されました(写真3・ムカデ競争=原里では競技名が「御殿場線物語」ということでした)。玉穂地区は、玉穂小学校グラウンドで、区民体育祭が開催されました(写真4・輪投げリレー)。印野地区は、印野小学校グラウンドで、区民体育大会と小学校運動会が併催されました(写真5・小学校運動会5.6年生の組体操「ベスト・バランス」)。印野が最後でしたので、閉会式にも参列し、来賓として挨拶もさせていただきました。各地区ともそれぞれ特徴のある体育祭で、楽しく見学させていただきました。各役員の皆様は、準備、片付け等大変だったと思います。お疲れ様でした。

| | トラックバック (0)

杉山祥子選手オリンピック報告会

2096sugiyamahoukokukai1 2096sugiyamahoukokukai2 北京オリンピック女子バレーボールで活躍した杉山祥子選手の報告会が、生家のすぐ近所にある小山町総合文化会館・菜の花ホールで9月6日(土)に行われました。本人によるオリンピック出場報告の後、応援してくれた小中学校の代表の子供達に色紙やサインボールがプレゼントされました(写真左)。杉山選手は、2000年から代表に選ばれ、今大会では、全試合スタメン出場で、総得点は、世界的にも評価の高いブロード攻撃等で36点、ということでした。前回アテネが20点でしたので、倍近い得点を挙げた、ということになります。最後に、お父さんからお礼の挨拶があり、「準々決勝でブラジルに0-3で負け、5位という成績でありましたが、強豪チームと体格差がある中で、本当にがんばった。私からメダルをあげたい」と、涙ぐみながら話されていました(写真右)。本当にがんばってくれたと思います。お疲れ様でした。取り敢えず、ゆっくり休んで下さい。(PS・杉山選手は、スリムで長身、素晴らしいプロポーションで、白いコッパンもよく似合い、モデルさんのようでした。)

| | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

老人クラブスポーツ大会

2095sirourensupotusai1 2095sirourensupootusai2 第36回御殿場市老人クラブ連合会スポーツ大会が、今日・9/5(金)、御殿場市体育館で開催されました。開会式では、前年度優勝した印野チーム代表の方が、力強く選手宣誓をしました(写真)が、開会式で整列した参加者数は、例年より多いような気がし、準備体操でラジオ体操をやった時に、皆様の熱気に圧倒されました。競技は、「ビーチボール運び」(写真)を最初に、「ビン転がし」、「玉入れ」と続きましたが、見ていると、選手個々の技術の差が大きく感じました。多分、練習を積んでこの大会に参加した所と、全然練習をしないで参加した所との差であると思いました。ちなみに、私は、「ビン転がし」に来賓チームの一員として参加しましたが、ミスなくこなし、「県議うまいね!」の声をいただきました。毎年この競技に参加させていただいており、慣れてきたのかな、と思います。

| | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »