« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2007年1月 1日 (月)

2007年を迎えて

2007年を迎えました。私にとって、4年に1度、市民・町民の皆様の審判を仰ぐ統一地方選・県議会議員選挙のある重要な年です。ところで、時々皆様との話の中に、なぜ政党に所属しないのか、という問があります。その答の一つは、過去の選挙戦の経緯から、ということがありますが、もう一つは、県も市町村と同じ地方公共団体であり、県民・市町村民のために働くのが地方議員・県議会議員である、ということがあります。活動のベースをどこに置くのか、ということになりますが、日本は、三権分立国家である、と言いながら、立法と行政を国家公務員が牛耳り、地方は地方に沿った限られた施策を、これも地方行政が立案・執行している・せざるを得ない、という現状の中(これを正しい形に戻そう、という提案もありますが)、地域の住民の皆様のためにどういう立場で活動を行うのが最良か、という視点で考えますと、大会派・政党に所属して活動するよりも、あまり大きくない・適度な会派で、言ってみれば、フレキシブルな集団で(一番良いのは、地域単位でまとまって)活動した方が良いケースが多い、ということになります。無所属の市民・町民党としてこれからも、精一杯、一生懸命頑張りたいと思います。

| | トラックバック (0)

« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »