« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日)

県立こども病院周産期施設等開所式

19524kodomobyouinn1 5月24日(木)午前10時に、静岡県立こども病院の周産期施設と外科病棟の開所式が行われました。県知事や県医師会長(御殿場の岡田先生)などの挨拶の後、新施設内部の視察研修がありました。周産期センターは、産科を24床新設して出産から新生児への高度な周産期医療を提供できることとなり、小児集中治療センターは、小児集中治療病床を12床新設して救命治療を行います。また、高機能手術エリアでは、手術機能の高度化による19524codomobyouin2高度な診断、治療ができることとなり、合わせて、屋上にヘリポートが設置され、県内どこからでも15分以内に救急患者を収容出来る体制が整備されました。PICU(小児集中治療センター)は、医師10名と看護師34名の全国一の体制で、小児の救命救急を行います。ちなみに、建設費は、約64億円ということです。

| | トラックバック (1)

2007年5月20日 (日)

玉穂支所新庁舎落成

19519tamahokansei1 御殿場市役所玉穂支所の新庁舎が完成し、19日(土)に完成報告会が新玉穂支所区民ホールで開催されました。旧庁舎の耐震強度が不足し、旧庁舎を耐震補強するか新築するか検討を重ねた結果、新築することとなった、ということです。建築に係る費用は、約14億5万円で、その内13億4千8百万円が玉穂財産区からの繰り入れ、4千5百万円が玉穂報徳会寄付金、一般財源は5千7百万円ということでした。19519tamahosisyokansei2敷地面積も14,000㎡と普通の市役所並みで、国、県の補助金なしにこれだけの施設を建設することができることについて、今更ながら財産区の力はすごい、と思いました。この支所は、貸出ホール等も併設で、市役所支所機能の充実はもとより、ここを拠点に、地域コミュニティ推進、そして、地域の皆様の生涯学習推進が一層図れますことを期待します。(写真は区民ホールのオープニングにおける中畑西区瀧西太鼓演奏と支所ホールにおけるさつき祭り作品展示)

| | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

二胡&エレクトーンコンサート

19513okuramniko1 今日(5月13日・日)、二胡とエレクトーンのコンサートが湯沢のOKURAギャラリーでありました。二胡は、お隣山梨県富士吉田市在住で、上海音楽院を卒業された沈 桂栄(シンケイエイ)さん、エレクトーンは、伊豆の国市(大仁)在住で、国立音大を卒業された堀江 幸治さんでした。演奏された曲は、プログラム23曲、アンコール2曲の計25曲で、中国の曲と日本の曲がだいたい半々でした。二胡は日中友好協会主催の演奏会で19513okuraniko2何回か聞いていましたので、その音色はわかっていましたが、エレクトーンは初めてでしたので、その素晴らしさに感動しました。コンピュータ制御で複雑な楽器の組み合わせやリズムの変化等がなされ、二胡との共演では、特に難しいリタルダンドの所がうまくコラボレーションされ、さすがプロ、と思いました。休憩時間にエレクトーンの堀江さんと話をしましたが、エレクトーンもモデルチェンジが激しく、どんどん新しいタイプのものができており、今日の演奏で使っているものも古いモデルで、記憶装置も、今はUSBカードタイプに替わり(使っていたエレクトーンはフロッピーでした。)、更に複雑な演奏もできる、とのことでした。このOKURAギャラリーでは、2回自分のバンドのライブをやりましたが、人の演奏を聴いていると、自分でもやりたくなります。3回目のライブを計画してみたいと思います。

| | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

金太郎春まつり

1953kinntaroumaturi1 5月3日(木)に、小山町の金時公園で第43回金太郎春まつりが開催され、初めて招待を受けましたので、行ってきました。久々の好天気の中、子供たちのすもう大会や綱引き大会、山草展などが行われ、大勢の方々で賑わいました。私の母はこの公園の隣の家が実家ですので、私は、小さい頃この公園で野球をしたり、上の児童館で卓球をして遊びました。また、少し大きくなってからは、公園のプールで泳ぐなど、私にとっては大変懐かしい所です。今回1953kinntaroumaturi2の選挙から御殿場市と小山町が合区となり、きつい選挙となった訳ですが、小さい頃過ごし、また、遊んだ思い出の場所で、地元の皆様や幼なじみと会えることは嬉しいことです。御殿場市内の行事に加え、これからは小山町の行事へご招待を受ける機会が増えてくると思いますが、出来る限り顔を出し、地元の大勢の皆様、子供たちと触れ合いたいと思います。

| | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »