« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年2月5日 - 2006年2月11日 »

2006年1月29日 (日)

平成18年度県当初予算と施策に対する要望

18tujiyoubou2 1月26日(木)に、我が会派「KEN-MIN」が静岡県知事に対し、平成18年度当初予算と施策に対する要望書の提出を行いました。その際、私から地元に係る要望事項として、次の6項目の補足説明と申し入れを直接知事に行いました。①ファルマバレー構想の当地域への広がり(フェニックス短大廃校後の利活用) ②御殿場への屋外型ナショナルトレーニングセンターの設置促進 ③公共施設耐震化促進事業補助金の18yosanyoubou継続 ④富士山世界文化遺産登録に係る地元協議の優先 ⑤JR御殿場線の利便性向上(御殿場・国府津間の列車運行本数の増加支援) ⑥農業試験場高冷地分場の存続 の6項目ですが、知事からは、特に①に係り、フェニックス短大と市、財産区の調整がつけば、県としてのアイデアは持っている。との話を伺いました。また、⑤については、前日に開催された山梨、静岡、神奈川3県の広域市町村圏サミットの際に、新たに、3県知事サミットを開催することが決定されましたが、3県の県際交流を推進する際には、御殿場線活性化の話は大きなテーマとなるので期待している。と申し上げました。更に、神奈川、静岡両県の民間16団体の連携組織も3月に発足の予定で進んでおり、官民協働の形ができあがりつつあるので支援を願いたい、との話もいたしました。これら施策が確実に実行されることを期待します。

| | トラックバック (0)

« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年2月5日 - 2006年2月11日 »