« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »

2006年11月 3日 (金)

NPO土に還る木・森づくりの会

  「NPO土に還18111tutinikaeruki1_4る木・森づくりの会」は、風倒木や間伐材を使って植木鉢を作り、この鉢に植えた苗木をそのまま成長させて風倒木等も土に還し、緑の森を作る活動を行っています。また、自然教室や木工教室などを通じて、環境保全や生涯学習の推進、青少年の健全育成、中高齢者等の働き場所の確保と生きがいの創出等を図っています。平成16年には、御殿場プレミアムアウトレット内に、「リビングローズガーデン御殿場」というバラ園も開園しました。その活動状況について、11月1日(水)に、NPO理事長の関田さんと顧問の小松さんから話を聞き、18111tutinikaeruki2また、工房を見学させていただきました。まず、第2製作工房を見せていただきましたが、この工房の中は植木鉢の材料となる木材で一杯で、また、植木鉢の芯をくり抜く機械も数台ありました。このくり抜き作業に大変苦労した、という話も伺いました。次に、印野の御胎内清宏園の森の中にある第1製作工房に行き、植木鉢や木工品などの製品を見せていただきました。一般の方々の作業は、殆どこの作業所で行われます。また、丁度木で作った長さ3m位のホルンを吹いている方がおられましたので、私も吹かせていただきましたが、音が富士山の一角、深い森の中へ吸い込まれ、幻想的な気持ちになりました。私も2つのNPOに関わっていますので、、関田さんや小松さんとNPO活動や官民協働という話題で話が弾みました。行政がお金を出さなくても民間活動を支援できることは一杯あるし、NPOのような民間活動をうまく支援することで、健康な社会作りや子供たちの教育はできる。課題を把握し、能動的に行動する官の側の仕組みを作っていただくことが重要、というような内容でした。私も、NPOや民間の活動が活発化されるための環境づくりのため、更に努力したい、と思います。(写真上:御胎内清宏園内の工房、写真下:植木鉢製作用に中を機械でくり抜いた白樺の木)

| | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

ねんりんピック静岡2006閉会式

181031nenrinpikku1 10月31日(火)午後1時から静岡市のグランシップで、ねんりんピック静岡2006閉会式が開催されました。式典前には、梨花幼稚園のマーチングバンド演奏(写真上)と県警音楽隊・カラーガールズの演奏と演技がありましたが、今回の席は、前から3列目で、丁度県警音楽隊の正面の席でしたので、音楽隊の素晴らしい演奏を真ん前の近い場所で聴くことができました。当然ながら、隊員の奏でるサックスやトランペット等の音色に聞き181031nenrinpikku2惚れました。式典では、県知事の挨拶等の後、次回 開催県の茨城県アトラクションがあり、県立大洗高校ブルーホークスのマーチングバンド演奏(写真中)がありましたが、これも高校生らしい若さあふれる素晴らしい演奏でした。この後、メインアトラクションでは、「翼広げて」という小ミュージカルが上演され(写真下)、最後に、全員合唱「ふじの山」で締めくくりましたが、全部で4回「頭を雲の上に出し・・・」の同じ歌詞を歌い、若干くどいかな、と思いました。本大会に181031nenrrrinpikku3参加した皆様、そして準備、運営に携わった皆様、お疲れ様 でした。

| | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

地区文化祭

181029nakabatanisi1_1 芸術の秋真っ盛りの最中、10月29日(日)に、中畑西区文化祭と神山地区ふるさと祭りに行ってきました。

 私は、平成8年度から退職までの間、市役所社会教育課で生涯学習を担当しており、各地区の文化祭めぐりをしていました。文化祭も色々で、作品展示だけを行う地区、あるいは、作品展示とともに、地区の伝統芸能を披露する所、地区外から色々な人を招聘する所等々それぞれの会場に合わせ、181029nakabatanisi2 また地区毎に特徴を出して実施しています。

中畑西区の場合は、会場が地区体育館ということで、例年展示部門とともに、区民の皆様の生涯学習活動を発表し、更に、地区外からも色々な人を招いています。

今回は、私どものバンド「LSC」にも声が掛かりましたので、仲間と一緒に出演させていただきました。会場は、子供たちから高齢の方々まで、約200人位の皆様で一杯で、結局、全部で6曲演奏し、また、楽器紹介とメンバー紹介もさせて頂き、楽しい時間を過ごさせていただきました。

また、神山地区ふるさと祭りは、毎年時之栖の中庭を会場に、焼きそばやフランクフルト、ビール等の販売やカラオケなどが行われます。地区の皆様に、時之栖を訪れるお客さんも加わって、大々的に実施されています。

地区文化祭は、子供たちと大人との交流、あるいは、子供、大人同士の交流を促し、地域の連帯感の醸成や相互扶助意識の高揚、安全、安心の推進、子供たちの健全育成等々に寄与している、と実感します。

| | トラックバック (0)

« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »