« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »

2006年9月10日 (日)

富岳保育園・富岳学園大運動会

            18910fugakuunndoukai1_1                     

今日10日(日)に、富岳保育園と富岳学園の第37回合同大運動会が富岳保育園で開催されました。鼓笛隊を中心とした入場行進や選手宣誓等の後、様々な種目が展開され、園児が一生懸命取り組んでいました。私は、宝つりに参加した後、「桃太郎とどんぶらこ」という種目名の大玉ころがしに紅組選手で出場し、園児と一緒に大玉を転がして、見事白組に勝ちまし18910fugakuunndoukai3た。今日は好天に恵まれ、園児とお父さん、お母さん、そして、老人ホームに入所されている皆様も混じって、楽しい運動会ができた、と思います。

| | トラックバック (0)

地震対策特別委員会視察研修

1895siseidou   9月5日(火)から7日(木)までの日程で、地震対策特別委員会の視察研修があり、参加しました。5日は、東京の㈱資生堂、6日と7日は北海道奥尻島で被災と復興状況及び自衛隊の対応について研修しました。㈱資生堂は、総合リスク対策委員会を設置しており、情報システムや海外事業所、そして災害等15部門に亘る様々なリスクへの対応がしっかりと組織化されていました。地震対策としては本社に3日分の物資を備蓄(写1896okusiri1真は備蓄倉庫・物品)するなど企業としては先進の取り組みがなされていました。基本的に、女性にとってのお化粧は、災害時でも重要である、という認識の元(総務部長さんの話)、災害時における事業継続を図るシステムが構築されている、と感じました。しかし、地域住民の避難等における企業の役割など地域社会との連携、協力という点について質問をしましたが、まだ検討中である、という答であり、災害対策における企業と行政との協働、という点については早急な対応が必要であると思いました。奥尻1896okusiri2島は、津波の被害が大きく報道されていましたが、実際は、急傾斜地の崖崩れによる被害も多大でありました。津波の早さは時速500km、高さは最大23.3mということで、自動車で避難した方は沖に流され、徒歩で裏山に逃げた方が助かった、ということでした。そこで、現在、裏山への緊急避難階段がいくつも整備され、また、港には人工地盤も整備(写真下)されていました。一方、発災後、航空自衛隊奥尻島分屯基地の隊員は、大変な事態が起きている、ということで、1時間後には既に、自発的な救助活動を始め、6時間後には、分屯地にある毛布等の緊急資材を配布し始めた、ということでした。臨機応変、かつ、適切な自衛隊の対応がなされ、被害の拡大を防止できた、ということを感じました。当時緊急対処された隊員の皆様に敬意を表しますとともに、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。

| | トラックバック (0)

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »