« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006年8月31日 (木)

世界少年サッカー韓国チーム受入

18824kankoku_1   静岡県が主催する第7回世界少年サッカー大会に出場する韓国済州道選抜チームを、昨年に引き続き8月23日(水)から29日(火)までの間、御殿場市が受け入れました。宿泊は時之栖ブルーベリーロッジで、まず、24日(木)午前に、市長表敬訪問、午後は時之栖Aグランドで御殿場市選抜のジュニアトレセンチームとの練習試合を行いました(写真上)。翌25日、大会の初日は、今大会の優勝候補18827kankoku_3の一つと言われていたスペインとの対戦で、0-1で負けていましたが、試合終了のホイッスルが鳴る直前のロスタイムにフリーキックから得点を挙げ、引き分けることができました。この試合で勢いづき、結局、イギリスにも引き分け、他の試合を全て勝って予選リーグトップとなり、27日(日)に掛川市のエコパでアルゼンチンと決勝戦を戦いました。結果は、1-5で負けましたが、素晴らしい準優勝であったと思います(写真中)。翌28日(月)に送別・交流会があり、この挨拶の中で、特に皆さんに申し上げたことは、この大会は、県、市共に国際交流を所管する18825lkankoku2部署で受け入れており、大会の一番の目的は、サッカーを通じた友好親善である点、そして、御殿場ジュニアトレセンの子供たちが大会の試合会場で、両国国旗を振りながら、教えてもらった韓国語で一生懸命応援してくれたこと(写真下)、などです。他の国のチームを受け入れた市町で、このような応援をした所はありませんでしたし、また、来日期間中に、竹とんぼづくりを一緒にやるなど両国の子供たち同士が大変うち解け、いい交流ができた、と感じました。27日の閉会式で隣り合わせた県企画部長に、御殿場市では県が期待する国際交流が実践できました、と話をしました。大人になって、日本一のサッカー交流施設であるここ時之栖で、また一緒にサッカーをやって下さい、と送別・交流会の最後に申し上げましたが、近くて遠い国・韓国との交流、相互理解を、この子供たちが更に深めることができるよう期待します。

| | トラックバック (0)

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »