« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »

2006年7月 2日 (日)

警察犬競技会

1872keisatuken1 板妻駐屯地創立44周年記念式典の後、小山町須走の総合グランドで行われた警察犬の「中部日本チャンピオン及び訓練チャンピオン決定競技会」を見学しました。毎年この大会は、雨か霧の中での開催となっていますが、今回も”例年どおり”大雨・雷の中での開催となりました。会場には、小さな川が幾筋も流れ、革靴の中にも水が入ってくるような具合で、所有者や指導者等の皆様は頭からずぶぬれ、という状況でしたが、当の犬たちは全く関1872keisatuken2 係なく元気よく審査を受けていました。ドーベルマンやボクサー、シェパードなど種類、年齢等毎に、歩き方や容姿などを採点する、とのことでしたが、私には出場した犬はどの犬も素晴らしく見えました。関係の皆様、そして、参加した諸犬 雷雨の中本当にご苦労様でした。

| | トラックバック (0)

板妻駐屯地創立44周年

1872itaduma1 今日、陸上自衛隊板妻駐屯地創立44周年記念行事に行ってきました。午前10時から駐屯地運動場で記念式典が行われましたが、最初は曇りであったものの、15分位すると雨が降り出し、その後大雨となってしまい、テントが無かったため、傘をさしての見学となりましたが、結局、来賓の挨拶等々大分端折り、早々に切り上げ、となってしまいました。一般の見学者の皆様は椅子席を立って、後ろの方から見学しており、あまりぬれなかっ1872itaduma2 たと思いますが、我々の席は、観閲台の所でしたので、立って見学する訳にもいかず、傘をさしながら椅子にずっと腰掛けての見学となり、結局、下着までぬれてしまうこととなってしまいました。後で、「自衛隊に雨は関係ないし、こういう厳しい式典は忘れなくて良い」と皆で話をしましたが、正しく記憶に残る式典になると思います。式典後、食堂で会食があり、第9次イラク復興支援群郡長として活躍し、この度帰還した小野寺駐屯地司令からイラクでの活動報告がありました。「日本の自衛隊に対して、イラクの皆様は他国の軍隊と違う感情を持っており、イラクの皆様に受け入れられている。」との話でありました。今回第10次支援群が、撤収を任務にイラクに向かいましたが、任務を完遂し、全員が無事に帰ってこられることを祈ります。

| | トラックバック (0)

« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »