« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

明るい社会づくり運動講演

18611meisya_1 6月11日(日)に、高根中郷館において、第15回NPO明るい社会づくり運動推進・御殿場地区協議会の総会があり、そのアトラクションにおいて、講演とトランペット演奏の時間をいただきました。45分間位の時間の中で、最初に、「私の生き方・県勢の話」というテーマで25分位話をさせていただき、その後、トランペット演奏を聴いていただきました。最初の方の話につきましては、子供の頃の思い出、サッカーと音楽との出会いや学生時代のアルバイトの18611meisya2 話など、そして、県勢については、県の産業や県議会の話などをさせていただきましたが、サッカー、音楽については、サッカーのパスは、相手の欲しい時に、欲しい所へ、欲しい強さで出すことが基本であり、バンドでは曲全体のイメージの中、どこを強く、あるいは、どこを静かに吹くか、また、自分一人の音でなく、共演者の音を聞き、合わせ、ハーモニーを作る、という点が重要である。目的達成のためには、相手のことを考えながら行動しなければならない、ということをサッカーと音楽を通じて教えられました、と締めくくりました。話の後、トランペットで「贈る言葉」や「小さな古時計」、「見上げてごらん夜の星を」など数曲聞いていただきました。会員の皆様ご静聴ありがとうございました。

| | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

静岡新聞社杯北駿少年フットサル大会

18611hokusunnfuttosaru2 6月11日(日)に第13回静岡新聞社杯北駿少年フットサル大会が、雨の中、高根ふれあい広場で開催されました。雨の試合というのは、グランドへ出るまではいやだな、と思うんですが、いざグランドへ出、雨に濡れ、また、水たまりにスパイクがつかり、ユニフォームが泥んこになってしまうと、意外と快感で、全く雨を気にしないでプレーできます。私は、暑すぎるよりもむしろ雨の試合の方が好きです。本大会には16チームが参加しましたが、結局、玉穂少年団が優勝し、牛嶋選手が最優秀選手に選ばれました。雨の中、選手以上に、見学、応援の18611hokusunnfuttosaru1ご父兄、そして、監督、コーチの皆様は大変だったと思いますが、子供たちにとって思い出に残る大会になったと思います。13回に亘り、トロフィーやメダル、参加賞などをご提供頂いている静岡新聞社の皆様に厚くお礼申し上げます。

| | トラックバック (0)

御殿場南高校鍾駿祭

1864minamikou1 6月3日(土)と4日(日)に、県立御殿場南高校鍾駿祭がありました。3日の文化祭は、体育館でステージイベントがあり、また、教室や中庭で、文化部の作品展示や運動部の模擬店がありました。私の高校時代にはブラスバンド部がなく、中学校から楽器を借りて、演奏したことや仲間4人でPPMのコピー曲を演奏したことを思い出しました。4日の体育祭は、幸い好天に恵まれ(過ぎ)、砂埃の中、騎馬戦やリレーなどが行われ、こちらは、高校時代、1864minamikou2 地区別対抗800mリレーで、小山地区選手として出場し、各人1人づつ抜いて優勝したことを思い出しました。現役の高校生も、一生懸命各種目に取り組んでいたと思います。表彰式の後、校歌斉唱で涙ぐむ生徒がおり、印象的でした。何事に対しても一生懸命取り組む姿勢を持ち続け、これからも頑張って欲しいと思います。

| | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

区民親子ふれあいウオーキング

1864nimaibasiuoku 6月4日(日)に、二枚橋区民親子ふれあいウオーキングが行われました。まず、二枚橋公民館から東山の市立青少年会館へ行き、そこで2班に分かれて秩父宮記念公園と岸信介邸を見学し、その後、青少年会館でお弁当を食べてまた公民館に戻る、という行程でした。参加者は約100名で、天気も丁度良く、楽しく歩くことができました。岸邸を管理する市役所の担当窓口である企画課 の職員2名も日曜出勤していただき(二人とも二枚橋区の住人)説明していた1864nimaibasiuoku3だきました。岸信介氏は、当時、要人をこの家によく招き、日本の政治を動かしていたそうです。大変有名な設計者の作品で、素晴らしい庭(ちょっと手入れ不足?)と相俟って、日本の政治の歴史を感じさせてくれました。

| | トラックバック (0)

沖縄県視察研修

1861okinawa1  5月末に、県議会会派「KEN-MIN」で沖縄県の視察研修を実施しました。主なテーマは、少子化対策と米軍普天間基地の移転でした。まず、沖縄県が日本一の出生率をキープしている点については、沖縄には、核家族化が進んでいるにも拘わらず、昔の子育て習慣<近所で子育てを相互に助け合う、家族の絆が強い>が残っていることがある、と思いました。こういう習慣はずっと残してもらいたいと思いますが、沖縄も出生率が右肩下がりの状況はずっと続いて1861okinawa2おり、こういう習慣の復活を含め、日本なりの出生率向上施策構築が必要であることは間違いないと思います。また、米軍基地移転については、現在、基地内で勤務する日本人は約9,000人、米軍、家族等が約12,000人位ということですが、これに、関連企業従業員を加えると、米軍の移転により数万人の皆様が直接あるいは間接的に影響を受けることになります。担当の職員は、企業誘致で補いたい、というような話をされていましたが、特に、製造業の誘致は中々難しいのではないかな、と思いました。これについても、有効な施策が必要であることは間違いなく、米軍キャンプ富士を抱える御殿場市においては、先に沖縄県道104号線超え実弾射撃訓練を受け入れた所でありますが、米軍基地所在自治体独特の課題は多い、と感じます。

| | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

日本舞踊発表会

18528odori1  5月28日(日)に、御殿場市民会館大ホールで日本舞踊三藤流三藤祥扶司会の第九回おさらい会が開催されました。私は、中学生の時にブラスバンド部に所属し、高校では、ブラスバンド部が未設置でしたので、同好会に所属して吹奏楽をやっており、また、現在でもバンドを編成し、施設慰問やライブをやっている関係で、2年半位前に議員の皆様と県議会文化芸術振興議員連盟を組織し、副会長にさせ18528odori2ていただきました。また、市職時代には教育委員会社会教育課で生涯学習担当もやっていましたので、皆様が自ら生涯学習を積極的にやられていることについて、大変嬉しく思います。踊っている皆様のお顔は、本当に楽しそうで、きらびやかな衣装、そして舞台照明と相俟って素晴らしいステージが展開されていました。小学生も踊っていましたが、老若男女大勢の皆様の生涯学習推進を願うとともに、日本の伝統芸術である日本舞踊が適切に継承されていくことを期待します。

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »